アドリブ

お手軽ドレミソフレーズをFeel like makin’loveで使ってみた!

いろんな曲からフレーズをお借りしてスタンダードに当てはめちゃおう!という企画、「アンコのアドリブ道(ウェイ)」です。

アンコのアドリブ道とは

これまで楽譜どおりにギターを弾いてきたウエノアンコが、アドリブ上達を目指していろいろな曲から見つけたフレーズをスタンダード曲に当てはめてみようといった企画です。

この投稿を続けてどれだけアドリブが上達するかの実験的な意味も込めて不定期に更新していきます。

同じようにアドリブ練習している方の練習ネタとして使っていただくもよし、一緒に練習する仲間としてライバルにするもよし、お好きなように見ていただけたら嬉しいです!

チャンネル登録

第3回目は、jamiroquaiのsunny。カバー演奏ですが、音源がとってもカッコ良かったので、そのギターソロからフレーズをいただきました!

当てはめたスタンダード曲は「feel like makin’ love」です。もちろん「sunny」でも使えますが、あえて違う曲に当てはめてみました。

今回はペンタで万能に使えそうなフレーズなので、ポップスなどあらゆる曲にも当てはめられると思います。

ぜひ好きな曲に入れてみてください!

以下でTAB譜とフレーズの解説を載せています!

フレーズ解説

TAB譜

tab

今回使っているのはペンタトニックのフレーズなのでお手軽。手癖にできそうなフレーズです。

コード進行&フレーズ分析

フレーズを分析します。とは言っても今回はペンタなのでサラッといきます。ご興味のある方はどうぞ!

jamiroquaiのsunnyでは、ギターソロの箇所はキーがBmになっています。なので使っているスケールもBmペンタが中心。

キーを平行調のDメジャーで見てみると、ソロの音がこうなります。4th以外の音はDメジャーペンタ(Bmペンタ)で構成されています。

3rd→5th→R→2nd→3rd→5th→3rd→4th→3rd→R

となります。

ハイライトした部分だけ取り出すと、Dメジャーのキーで「ドレミソ」という音になるのですが、この「ドレミソ」はいろいろなところで使えるので覚えておくと何かと便利なフレーズです。

今回は結構どんなところにも使えるということで、feel like makin’ loveに当てはめた時、2箇所で使ってみました。1回目はお題フレーズをあまり変えずに、2回目は着地点をセブンスコードのオルタードテンションにしてちょっと変化をつけています。

参考音源紹介

Sunny (Live At Covent Garden) – Jamiroquai

jamiroquaiのsunnyはとにかく転調しまくる…転調のしかたがシームレスでカッコいいんですが、コピーすると今どのキーを弾いているんだっけ?と大変になります。

今回お題にしたギターソロのフレーズはペンタを取り出しましたが、ジャズっぽくて美味しいフレーズも使われていたりしますので、気に入った方は是非コピーしてみてください!

最後まで読んでくださりありがとうございました!

更新をtwitterでお知らせしています。気になる方はフォローお願いします!
フォローする
ランキングに参加しています。ポチっとしていただけると励みになります!

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ