本番対策

本番に慣れている人、慣れていない人

せっかくギターが弾けるのであれば、家でひとりで弾くのではなく誰かとステージで演奏したい!ということで、人前で演奏する機会を意識的に作るようにしています。

社会人になってエレキギターを手に取ってから人前で演奏したのはまだ両手で数えてちょっとはみ出るほど。

昨年くらいから飛び込んだ社会人サークルで常連さんになっている方などの演奏と自分を比べて感じるのは「慣れてるっていいなあ」ということでした。

演奏自体を楽しんでいるのが伝わるし、オーディエンスを巻き込む力がある人もいます。

一方で私はまだまだ修行が足りん!という感じ。はじめの頃はひどいもので、ガッチガチでした。最近ようやくマシになってきたように思います。

今回は本番に慣れている人、そうでない人の違いをテーマにお話したいと思います。

弾けるのにもったいない!

社会人サークルに一緒に飛び込んだ友人に毎回言われていることがあります。

「アンコは練習ではあんなに弾けてるのに、もったいないよ!ほんとはもっと弾けるところをみんなに見せてやりたい」

…というのです。私よりも悔しがっている。なんか…うん、ありがとう。笑

何を隠そう、私はクラシックギターをやっている頃から本番に激弱なのです。練習はやれることはやった、というくらいまでやって本番に臨むけれど、緊張で練習とのギャップが大きくて合格点をあげられない感じ。毎度悔しい思いをしています。

場数と慣れの関係性

社会人サークルで「慣れてていいなー」と思うような人は、だいたい過去にバンド経験が豊富であったり、毎週くらいの高ペースでサークルに入り浸っている常連さん。歴戦の勇者だらけです。

そんな人たちを見ていて、私もたくさん人前で演奏していればあんな感じに弾けるようになるのか? そもそも彼らとの違いはなんだろう?と思うようになりました。

私は本番でかなり緊張してしまうのですが、話していると彼らも緊張していないわけではないようです。それでも、常にどっしりとした安定感は保っている感じ。たとえ間違ってテヘペロしてたとしても。

そう思うと練習量が決定的に違うというよりは、人前で演奏してきている経験の違いが大きい気がします。そこで、場数をこなしてくうちに何か変化が出るものなのか、人前で演奏するたびに自分を観察していくことにしました。

本番の自分を観察する

短いスパンで人前に出るようにしていくと、ああしたらどうだった、こうしたらどうだった、という経験がたまって自分の本番での傾向がつかめてきます

その中で気づいたことはこんな感じ。

  1. ステージが一段高いところにあるとスタートから比較的落ち着いて弾ける
  2. 逆にステージと客席が近かったり、お客さんと目の高さが同じくらいだと緊張する
  3. ステージと客席の距離は練習量よりも影響度合いが高い
  4. ソロなどここぞ!という時に変な力が入ってしまう
  5. ライブ形式よりもセッション形式の方が本番感が強すぎず力が抜ける

一段高いステージの方が落ち着いてるってちょっと意外でした。こうして並べてみてわかるのは見られてるぞ!と意識してしまうと何かが起こるみたいです…

このあたりの傾向は人それぞれかもしれませんが、私の場合はこの「見られてるぞ!」感によって心が自分に向かってしまい、ガチガチの緊張に変わってしまうのではないかと思いました。

場数を踏んで変わったこと

人前での演奏経験が少なかった頃と、ある程度回数を重ねた今とで一番変わったのは、見た目的ないっぱいいっぱい感がなくなってきたことだと思います。

最初は本当にガチガチで、「が、がんばれー」という感じになってしまっていたのです。つまり視覚的に安定感がない状態。かわいそう。

最近は動画を見ても結構体が動いていたり、演奏してる写真を見ても笑顔で弾いていたりと、少しずつではありますが雰囲気が変わってきた感じ。

そして、笑顔で弾けるのは共演者の動きに対する反応だったり、お客さんの盛り上がりに対する反応であったりもします。

「慣れてるなー」と見えるようになる鍵は、心が自分ではなくお客さんや共演者といった他者に向かうというところにあるのかもしれません。

実践を重ねていく

本番という特殊な状況は家で練習しているだけではなかなかシミュレーションできないものなので、機会をつくって良くしていくしかないんだなあと思います。

自分の変化も楽しみながら、自分だけに閉じないようなギター弾きになりたいものです。

これまで「本番」という状況にどう立ち向かっていくか、「緊張」への対策もあれやこれやと試しています。こちらの記事でご紹介していますので、よろしければ合わせてお読みください!

最後まで読んでくださりありがとうございました!

更新をtwitterでお知らせしています。気になる方はフォローお願いします!
フォローする
ランキングに参加しています。ポチっとしていただけると励みになります!

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ