練習アイディア

思い切って練習内容の断捨離をした話

最近、練習内容を詰め込みすぎてとっちらかっているなあと感じていたので、思い切って練習内容の断捨離をしてみました。

簡単に言ってしまうと、ジャズスタンダードの定期的な練習を一度お休みするといったものです。

今のところ頭がスッキリして、練習内容がよりシンプルになったので効率も上がったように思います。

自分のやりたいことや進み具合によって練習内容を整理するのも良いことだと気づくことができました。

今回はそうするに至ったいきさつも含めてご紹介したいと思います。

ジャズを練習していたわけ

私がジャズギターを練習するようになったのは…たまたま習った先生がジャズギターの先生という成り行きに近いかたちの入り方でした。

それまでジャズっぽい音楽を聴くことはあってもジャズのいわゆる名盤をちゃんと聴いたことはありませんでしたし、ジャズギタリストといわれる人がいることすら知りませんでした。

そんな私が教室の門を叩いたきっかけは、ソウル、R&B、ポップスを中心とした曲を演奏するバンドでギターが2本いた場合の立ち回りを知りたかったからです。

その解決策として音楽理論やアドリブをジャズを題材に学んだことがジャズ練習のスタート地点。

ジャズに関しては聴くのも弾くのもまったくの初心者という状態からのスタートでしたが、おかげで基本的な理論は一通り学習できて頭に入り、スタンダードも何曲か覚えてセッションにもチャレンジするくらいになれたという感じです。

自分がやりたいのは何か

レッスンに行くようになって、ジャズギターを通してアドリブを弾けるようになるのは私の目標になったわけですが、一方で好んで演奏している曲は相変わらずこれまでのバンド活動の延長線上にあるものばかり。

勉強のために…と、あらゆるジャズギタリストのライブにも足を運びましたが、個々のプレーヤーがすごいなーと思う反面、自分はこういう演奏がしたいんだっけ?という感覚がありました。

結局、自分はジャズのエッセンスは好きだけれど、がっつりジャズをやりたいのではなくて、もともとバンドでやっていたような曲がしっくりくるんだなということに気づきました。

思い切ってやることを絞る

あれもこれも…と詰め込んだ結果、ジャズを練習する一方で、社会人サークルのイベントに出たり、ファンクのセッションに行くのでその練習もしたり。

いろいろチャレンジしてみたい気持ちが先行して、練習内容が多岐に渡りすぎてしまい、練習しているはずなのにあまり身についていない感覚になっていることに気づきました。

もともと複数のことを同時にやるのが苦手な性格もあって、やることを絞って集中しようと、思い切ってジャズスタンダードの練習をやめました。

頭の中がメタボ状態になっていた私としては、これによって練習範囲や頭を使う範囲がシンプル化されてスッキリしました。

いまだに社会人サークルとファンクセッションは並行して参加してますが、どちらも演奏する曲自体が近しいところにあるので頭のスペースが開いたぶん、練習効率も良くなった気がしています。

やりたいことに集中する

サンクコストバイアスという言葉があります。これは、すでに投下してしまった時間やお金をもったいないと思って、途中でやめるなどの合理的な判断ができなくなる状態をいいます。

こんな言葉が生まれるくらい、あらゆる人に共通して起こることなのだろうと思いますが、途中でやめるということはそれなりに勇気のいることです。

今回、実際に勇気を持ってその決断をしたことで自分のやりたいことをはっきりさせること、力を分散させずにやりたいことに集中することの重要さを感じました。

少しジャズの練習からは離れてしまいますが、今はやりたいことに集中して、どこかでまた練習したことが繋がってくる日が来ることを楽しみにしようと思います。

最後まで読んでくださりありがとうございました!

更新をtwitterでお知らせしています。気になる方はフォローお願いします!
フォローする
ランキングに参加しています。ポチっとしていただけると励みになります!

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ