練習アイディア

勉強ができる人は楽器もできる?

楽器の練習をしていると、勉強ができる(=学習能力が高い)人は楽器の上達のコツを掴むのも早いのではないか、と感じることがよくあります。

最近全く別の著者の本を読んでいて共通のキーワードが随所に現れることに気づきました。それは「抽象化」です。

これは、とある事実があるとしたら、それはどういうことなのか、何を指しているのかを考えて本質を探るということです。

勉強ができる人は、事実に対して「それはどういうことなのか」「なぜそうなるのか」という問いを常に持っていて、自然と本質を捉えることができる人なのかなと思います。

この考え方は勉強に限らず、楽器の練習にも通ずる部分がありそうです。今回はこの「抽象化」を実際の楽器練習に当てはめながら考えてみました。

勉強ができる人、できない人

先に言ってしまうと私は勉強が得意なほうではありません。

数学の問題を例にすると、はじめから何の公式を使うか見えている練習問題はできるけれど、入試レベルの問題では何の公式を組み合わせて使うといいのかピンとこなくて苦手でした。

チャレンジ枠として受けた大学の数学の試験で、どうやって解いたらいいかまったく見当がつかず試験時間中ヒマになってしまったことはもはや失敗談を超えた笑い話です。

ですが、どういうわけか勉強ができる人というのは、何の公式を使えば良いかが見えている。それが複数組み合わさったとしてもわかるんですよね。私がヒマになってる試験時間中、みんなちゃんと問題解いてましたし…

その時は「頭いい人は違うなー」で済ませていましたが、「これはどういうことなのか」という問いを常に持ち、自分で考えることができるかどうかの違いなのかなと思います。

それが学生時代などでは特に、自然とできる人、そうでない人とで差がつきやすいのかもしれませんね。

フレーズ練習で考えてみる

楽器の練習をしていると一度は通るであろうフレーズ練習。丸ごと利用してそれをツギハギで演奏するとあまりカッコよくない、というのはよく言われることですね。

フレーズ練習の理想形は、フレーズの中にあるアイディアを盗んで、自分のものにしていくこと。

このアイディアというものが「抽象化」という概念にあたるのではと考えています。

もう少し具体的にいうと、どういう想定のもとフレーズが紡ぎ出されたのかを考えること、つまりアナライズですね。

どういうことかというと…ちょっと音楽理論的な話になってしまいますが、簡単な例にしてみるとこんな感じでしょうか?

カッコいいフレーズ

↓ アナライズする(抽象化)

  1. フレーズには♭9と#9の音が使われていた。
  2. 解決に向かうセブンスコード上で使われている。
  3. オルタードフレーズという名前がついていた。

ぼんやり「カッコいいフレーズ」と思っていたものが「オルタードフレーズ」と言語化されることで、定着しやすい形でストックできます。どういうことかを考え、自分の中に落とし込んでいくということですね。

元ネタのフレーズっぽいものを自然と出せるようになるというのはフレーズの「抽象化」を繰り返し行って「使えるようにする」工程が必要なのかなと思います。

事実→抽象化→転用

「抽象化」のことが書かれた本のうちのひとつは前田裕二さんの「メモの魔力」です。

この本はタイトルの通り、メモを題材に書かれているのですが「記録」としてのメモではなく、「知的生産」のためのメモについて書かれています。

この「知的生産」のためのメモの方法として紹介されている3ステップが以下の方法です。

  1. 手に入れた情報「事実」を書く
  2. その事実から何が言えるか「抽象化」する
  3. 抽象化した気づきをもとに自分の行動に「転用」する

この3ステップは非常によくまとまっていて、フレーズ練習にそのまま同じことが言えそうなアイディアでした。それぞれのステップを当てはめるとしたら、こういうことですね。

  1. 「事実」→誰かのフレーズ
  2. 「抽象化」→アナライズ
  3. 「転用」→他の曲で使う

言われてみればそうだね、という感じなのですが、この「抽象化」と「転用」が自然とできるようになると、より練習の質が上がるのではないかと思いました。

最後に

この知的生産のための3ステップは、フレーズの練習に限らずどんなことにも応用できる考え方だと思いました。

前回の「気になるギタリストから自分の方向を探る」という記事も、実は抽象化をして再定義できないかと実際にこの方法を使って書いたものです。

自然とできるようになるにはもう少し慣れる必要がありそうですが、何かを習得するのにとても便利かつ有効な方法だと思います。

ご興味のある方は「メモの魔力」ぜひ読んでみてください。

最後まで読んでくださりありがとうございました!

更新をtwitterでお知らせしています。気になる方はフォローお願いします!
フォローする
ランキングに参加しています。ポチっとしていただけると励みになります!

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ