ギターライフ

ギター弾きの視点でみる宝塚歌劇

2年ほど前に母に誘われ宝塚歌劇団の「エリザベート」を観劇したことがきっかけで、定期的に宝塚の公演を観に行くようになりました。

もともと部活でミュージカル音楽なども演奏していたこともあって宝塚には興味があり、教養として一度は観てみたいと思ってはいたのですが、まさかこんなに観に行くようになるとは…

通うようになった一番の理由は、ジェンヌさん達によって創り上げられるステージの華やかさに感動したからです。そして、もう一つの理由がそのステージを盛り上げる音楽でした。舞台を彩る音楽にも注目してみるとこれがとても面白いんです。

写真の下の方に見えるのがオーケストラピットなのですが、ジェンヌさんの活躍を見るのとともにこの生演奏を聴くのを楽しみに宝塚に通っています。

今回はギター弾きの視点で宝塚の音楽にスポットを当ててお話したいと思います。

宝塚のステージ構成

本題に入る前に、まず公演の基本的なステージ構成からご紹介します。

宝塚の公演は基本は二部構成になっていて、一部がお芝居(ミュージカル)、二部がショーとそれぞれ独立した舞台になっています。

お芝居自体が長編のものや、一部が和物ショーで二部がお芝居という時もあるのですが、その時は二部のラスト20分くらいにフィナーレというお芝居の内容にちなんだショーが入る構成になることもあります。

これらの演目に合わせてオーケストラピットからの生演奏が繰り広げられていきます。

舞台を盛り上げる音楽

宝塚を観に行くと毎回、帰り道で何かしらの曲を口ずさんでしまうくらい音楽が印象的で耳に残ります。この経験は私だけではないはず。お芝居の音楽ももちろん良いのですが、私が特におすすめしたいのは後半のショーの音楽です。

ミュージカルはわかるけど、ショーって何するの?と思う方もいらっしゃるかもしれません。象徴的なのはラインダンスや羽根を背負って大階段をおりてくるトップスターでしょうか。

宝塚といって多くの方が思い浮かべるのはお芝居よりもショーの華やかなイメージかもしれません。私もそうだったので、初めての観劇ではショーをみて「これがあの宝塚!!すごい!!」と感じました。

このショーでは、さまざまな曲に合わせて華やかな衣装を着たジェンヌさんの歌やダンスが繰り広げられます。公演ごとのテーマや場面によって選曲もさまざまです。

ジェンヌさんの歌を聴かせるもの、ダンスを魅せるものなど演出に合わせてオリジナル曲をはじめ、クラシック、ジャズスタンダードから洋楽、J-POP、ラテンなどの民族音楽まで幅広い楽曲がメドレー形式で演奏されます。

これが音楽をやっている身としては、色々聴けておトクな気分になります。毎回ショーでは何の曲をやるんだろう?と観劇の楽しみのひとつになりました。

実はとある公演のショーでスタジオジブリの曲が素敵なジャズアレンジになっていたので、それをギターで真似して弾けないかなあと目論んでいます。そう思っている間に一年経ってしまったのですが…いつか必ず!!

宝塚の公演はこんな感じという動画をご紹介します。前半がお芝居、後半がショーのダイジェストになっています。

最低3本は持ち替えてるであろうギター

ショーではもちろん、お芝居の中でもさまざまな曲が場面転換ごとに演奏されていくのでギターひとつとっても一回の公演で目まぐるしく雰囲気が変わっていきます

スパニッシュな雰囲気でガットギターを弾いていたと思えば、エレキに持ち替えディスコっぽいキレッキレのカッティング、悪役の場面では歪ませてハードに…といった感じで。

先ほど動画でご紹介した星組のショー「ESTRELLAS」で驚いたのは、葉加瀬太郎さんの「情熱大陸」の場面でカホンやコンガがある中、それに混じってアコギがパーカッション化していたことです!!動画だとそこが聴けないのですが、本当にいろんなことをやってらっしゃる…!

ギターはその時の演目にもよりますが、少なくともガットギター、アコギ、エレキの持ち替えは基本で、ジャズっぽい曲だとセミアコあたりへの持ち替えてもしていると思います。

ここまで一回の公演で雰囲気の違う演奏がたくさん聴けるのって他にあまりないんじゃないかなあと思います。弾いていても楽しそう。こんなに多彩なギターを弾いている宝塚のギタリストさんにも驚きです。一度お会いしてみたいものです…

最後に

ジェンヌさん達もそれぞれ個性豊かでご紹介したいくらい素敵なのですが、既にたくさんの方が語っていらっしゃるので、今回は普段スポットが当たらないであろう音楽・ギターという視点から宝塚の魅力をご紹介しました。

たまたま私が好きな方向の音楽が宝塚で使われているというのもあるのかもしれませんが、多様な音楽に触れることができるというのも宝塚の魅力のひとつです。機会があれば是非公演を生で観に行ってみてください。

「エリザベート」が好きすぎて、その劇中の曲「私だけに」をソロギターアレンジしてみました。

▼ランキングに参加しています。応援お願いします!
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ