機材・お役立ちアイテム

zoomマルチストンプでエレガットの音作り

4年くらい前に一目惚れしてエレガットを購入しました。

はじめはライブでナイロン弦ギターが弾けたらステキ!と思っていたのですが、実際にこれまでステージで演奏したのはたったの2回。

1回目はボーカルとのデュオ。2回目はインストで、ピアノ、ベース、ドラムでの4人編成でした。

1回目はデュオだったので特に何も考えずにライン直だったのですが、2回目のステージではバンド編成でギターの音が隠れてしまいそうだったので自分で音作りをして臨みました。

音作りをするとは言ってもエレガットでの演奏機会がこれから増える予定もなく、新しく機材を買うほどではなかったので、普段も使っているzoomのマルチストンプでどうにかならないかな、と音作りをしてみました。

PAさんの腕のお陰ということが多分にあるとは思うのですが、本番での演奏の録音を聴いてみたら思っていたよりもうまく行ったような気がするので記録として残しておこうと思います。

普段エレキギターがメインで、アコギ用の機材を買うまでではないけれどガットギターの音作りをしたい!という方はぜひご参考にしてみてください。

使用ギター

Martinez MSCC14-RS
martinezguitar

アコギといえば真ん中にサウンドホール!という感じですが、このギターはサウンドホールどこにあるの!?となるくらい見たことがない形だったのが一目惚れしたポイントです。

バンド演奏で使えると思って購入したのですが、まだ音作りに詳しくなく、使っているクラシックギターと同じくトップが松、サイド・バックがローズウッドのものを選びました。今だったらサイド・バックはハッキリした音のメイプルを選んでいたかもしれません。

ネックが細身でエレキから持ち替えても違和感がないのがいいところです。弦高は左手が痛くならないくらいに下げています。

音作りでやりたかったこと

バンド編成でピアノが入るので、同化してギターの存在感がなくならず、かつバラバラにならないくらいのバランスでいきたいなあと思っていました。

私が持っているエレガットだと、Godinのようにキャラクターがハッキリしている音というわけでもないので、バンドの中で演奏すると良くも悪くもきれいすぎてしまう

なので、Godinとまでは行かなくても、低音弦で少しビヨンとした音も入るくらいの粗さと、高音弦が痛くならないくらいにバキッとした感じが欲しいなあと思っていました。

マルチストンプで音作り!

Zoom MS-50G
multistomp

使用したのは Zoomのマルチストンプ。小型で使い勝手がよく、エレキギターでもディレイやリバーブをメインに使っています。

コンパクトエフェクターと同じサイズの中に、歪み、空間、アンプシミュレーターなどの100種類以上のエフェクトが搭載されたマルチエフェクターで、その中から6種類くらいをつなぐことができます。

小さいので演奏中の操作には制限がありますが、私の場合は演奏中に設定をいじらないので持ち運びやすいし使いやすいなーと思っています。

今回は、エレガットの音作りをこのマルチストンプの機能でどうにかしよう、と試みました。本番はマルチストンプから、会場のDIに繋いで音を出しました。

設定例

実際にどんな設定をしたか、私の例をご紹介します。

今回、マルチストンプの6種類の枠をフルに利用し、こちらの順番で繋げました。

  1. コンプレッサー
  2. ブースター
  3. グラフィックイコライザー
  4. パラメトリックイコライザー
  5. ディレイ
  6. リバーブ

いつも使っている設定にエレガット用にイコライザーを追加して、多少他のエフェクトも設定を調整しています。

イコライザーは全く知識がなかったので、サウンドハウスの「最強イコライジングマニュアル」を見ながら、マルチストンプの設定できる範囲で近しい数値をそれっぽく入れました。ムズカシイネ!

知識がある方だったらもっと違う設定になるのかもしれませんが、私の設定をご紹介します。

グラフィックイコライザーで高音域をブースト

  • 400Hz:+6
  • 3.2kHz:+10
  • 6.4kHz:+10

パラメトリックイコライザーで低音域をカット

  • 63Hzを下げる
    • Q1:4、 Gain1:-10
  • 125Hzを下げる
    • Q2:4、Gain2:-10

実際に演奏してみて

今回はちょっとした社会人サークルのイベントだったので、じっくりリハーサルをして本番というわけではなく、演奏前に少しだけ音を確認してほぼぶっつけというスタイルでした。

なので、いざ弾き始めたらギターの中音が高音バッキバキでエレキギターみたいな音がしてびっくり。

外音はどうなってるんだ、と思いながら本番演奏していたわけですが、実際に録音した演奏を聴いてみたらピアノとギターの音もしっかり聴こえて、期待していた音が鳴ってくれていました。

新しく機材を買わずしてこのくらいできたら十分なのかな、と思い、マルチストンプの可能性を感じたのでした。

▼ランキングに参加しています。応援お願いします!
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ